Sing it out 武器としての否定思考

滅びゆく国で生き抜くための武器としての否定思考入門

スプレッドシートから商品情報を読み出す

こんにちは、シュンです。

メルカリへの出品自動化はできそうだということが分かりました。
しかし、設定項目が多いです。
商品名、詳細、カテゴリ、価格などなど。
そこで先にスプレッドシートから設定項目を読み出せるようにしました。

フリマ出品は設定項目が多い

メルカリに出品する際に入力する項目は実に14個もあります。

  1. 商品名
  2. 商品の説明
  3. カテゴリ
  4. サイズ
  5. ブランド
  6. 商品の状態
  7. 配送料の負担
  8. 発送元の地域
  9. 発送までの日数
  10. 価格
  11. 画像1
  12. 画像2
  13. 画像3
  14. 画像4

メルカリへ自動出品する商品は無数にあります。
毎回プログラムを書き換えていたのでは効率が悪すぎます。
スプレッドシートに入力情報をまとめて、それをまるごと読み込むようにしましょう。

スプレッドシートに入力したデータを使えるようにしよう

14項目をカラムに並べます。
今回は↓のようなスプレッドシートシートになっています。
メルカリ出品時の商品情報スプレッドシートサンプル 1行目がヘッダ(タイトル行)で、2行目以降が内容です。

実装の仕方

  • 言語: Python3.6.4
  • ライブラリ: xlrd

Pythonにはエクセルファイル(xlsx)読み込みようにxlrdというライブラリがあります。 インストールも使用法も簡単なのでこちらを使います。

xlrdのインストール

pip install xlrd

エクセルファイル(xlsx)の読み込み

先ほどのサンプルスプレッドシートを読み込むプログラムです。

import xlrd
import sys

def main():
    fname = sys.argv[1]
    book = xlrd.open_workbook(fname)
    sheet = book.sheet_by_index(0)

    # 商品名(2行目, 1列目)
    product_name = sheet.cell_value(1, 0)
    print(product_name)

    # 詳細
    detail = sheet.cell_value(1, 1)
    print(detail)

    # カテゴリ
    category = sheet.cell_value(1, 2)
    print(category)

if __name__ == "__main__":
    main()

実行結果

$ python excel_reader.py ~/Downloads/自動出品マスタ.xlsx 
レザージャケット
美品です。
定価は1万円でした。
2年前にパリで購入しました。
レディース
トップス
Tシャツ/カットソー(半袖/袖なし)

ちなみに、俺は商品情報はGoogleSpreadSheetで管理しています。
エクセルファイルが欲しい時にはxlsxとしてエクスポートする機能を使っています。